マンションで料金が安いおすすめの光回線はどれ?利用方法まで徹底解説

その他

光回線をマンションで利用する際、できることなら安くて快適に使える光回線を契約したいですよね。マンションで光回線を利用するためには、大前提として住んでいる物件の共用部に光回線の回線設備が導入されている必要があります。

 

導入されている回線設備の種類によっては、申し込みたいと思っていた光回線を契約できない可能性があるので注意が必要です。

 

そこで本記事では、マンションで光回線を利用するための方法と、安くて快適に使えるおすすめの光回線についてご紹介していきます。マンションに住んでいて、これから光回線を契約しようと考えている人は、ぜひ最後までご覧ください。

 

マンションで光回線を利用する時の選び方

まずは、マンションで光回線を利用する時の選び方から確認していきましょう。マンションで光回線を利用する場合、具体的には次のような手順で光回線を選びます。

 

マンションで使う光回線の選び方

 

物件で光回線が利用できるかどうかを調べる

 

    • 物件情報で「光ファイバー」「高速インターネット」などの記載があれば使える
    • CATVはケーブルテレビ回線なのでNG
    • 何も書かれていない、上記以外の場合は光回線の設備が導入されていない可能性がある

 

光回線が利用可能な場合は申し込みができる光回線を調べる

 

    • 各光回線のエリア確認でチェックできる

 

申し込み可能な光回線が複数ある場合は月額料金が安いサービスを選ぶ

 

    • 特にNTT回線を利用する光コラボの場合はサービスによって月額料金が大幅に異なるので注意

 

それぞれの手順について、詳しく解説していきます。

 

物件で光回線が利用できるかどうかを調べる

冒頭でもお伝えしたとおり、マンションで光回線を利用するためには、住んでいる物件の共用部に回線設備が導入されている必要があります。

 

物件情報に「光ファイバー対応」「高速インターネット」といった記載があれば、すでに回線設備が導入されているということです。「CATV」と記載されている場合もありますが、これはケーブルテレビの略称のことで、光回線とはまた別の種類の回線となります。

 

そのため、CATVとしか記載のない物件には光回線用の設備が導入されていない可能性が高いといえます。築年数が浅い物件には回線設備が導入されているケースが多いですが、逆に築年数が古い物件ではCATVにしか対応していない場合も珍しくありません。

 

いま住んでいる物件に光回線の設備が導入されているかどうかは、物件の管理会社で確認ができるので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

回線設備が未導入の物件で光回線を使うにはオーナーの許可が必要

住んでいる物件に回線設備が導入されていない場合、基本的に光回線を使うことはできません。それでも光回線を利用したい場合は、自分自身で物件のオーナーから回線設備を導入するための工事を行うための許可を得る必要があります。

 

物件はオーナーの財産に当たるものなので、契約者となる自分の判断だけで、外壁に金具を固定するビス留めやケーブルを通すための穴をあける可能性がある開通工事を勝手に行うことはできません。

 

仮に、許可を取らずに工事を行った場合、退去する際の現状回帰義務を果たすことができず、最悪の場合は高額な損害賠償を請求されることになりかねません。

 

いま住んでいる物件に回線設備が導入されていなかった場合は、後述するホームルーターに申し込むか、光ファイバー対応物件への引っ越しをご検討ください。

 

光回線が利用可能な場合は申し込みができる光回線を調べる

いま住んでいる物件で光回線が利用可能だった場合、続いて申し込みができる光回線の種類を調べましょう。光回線は大きく分けると、次の4通りがあります。それぞれで回線設備が異なるので、自分が住んでいる物件にどのタイプの回線設備が導入されているかを確認してください。

 

光回線の種類

 

  • NTT系光回線(フレッツ光、光コラボレーション)
  • auひかり
  • NURO光
  • 電力系光回線(地方の電力会社主体の光回線)

 

光ファイバー対応の物件の場合、ほとんどのケースでNTT回線の設備が導入されています。昨今主流となっている「光コラボレーション」は、各事業者がNTT東日本/西日本から回線を仕入れて自社サービスとして販売しています。

 

そのため、NTT系光回線の設備が導入されている物件であれば、フレッツ光はもちろんのこと、ドコモ光やソフトバンク光といった光回線が利用可能です。一方、auひかりやNURO光は、それぞれが独自の回線設備を利用しているので、マンションでこれらの光回線を利用するのはハードルが高いといえます。

 

これらの光回線が利用できるかどうかは、各光回線のエリア確認ページでチェックができるので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

申し込み可能な光回線が複数ある場合は月額料金が安いサービスを選ぶ

住んでいる物件にNTT系光回線の設備が導入されている場合、さまざまな光回線に申し込みができます。上述の通り、auひかりとNURO光は独自回線を利用するので契約できませんが、それ以外の「○○光」という名称のサービスは、そのほとんどがフレッツ回線を流用している「光コラボレーション」です。

 

光コラボレーションはフレッツ光と同じ通信品質なので、最大1Gbpsの通信速度でインターネットが利用できます。その一方で、月額料金や特典面は光コラボ事業者によって大きく異なります。

 

そのため、NTT系光回線の設備が導入済みのマンションに住んでいる場合は、月額料金が安い光回線を申し込むようにしましょう。

 

マンションで使える光回線の月額料金を比較

ここまで、マンションで利用する際の光回線の選び方を解説してきました。この項目では、マンションで使える光回線の月額料金を比較してご紹介します。

 

まずは以下の比較表をご覧ください。

 

光回線の月額料金比較表

 

光回線月額料金初期費用契約期間解約金
ドコモ光4,400円

※タイプAの場合

事務手数料:3,300円

開通工事費:16,500円

2年間8,800円
ソフトバンク光4,180円事務手数料:3,300円

開通工事費:26,400円

2年間10,450円
ビッグローブ光4,378円

※キャッシュバック特典

事務手数料:3,300円

開通工事費:16,500円

3年間11,900円
OCN光3,960円事務手数料:3,300円

開通工事費:16,500円

2年間11,000円
auひかり3,740円〜5,500円

※物件によって変動

事務手数料:3,300円

開通工事費:33,000円

2年間7,700円〜10,450円

※物件によって変動

NURO光5,200円事務手数料:3,300円

開通工事費:44,000円

3年間10,450円

 

※2021年12月現在の金額を記載しています

 

上記の比較表で月額料金だけを考慮すると、マンションでの光回線はOCN光が最もお得なように感じられます。

 

ですが、光回線には新規契約時に適用されるキャンペーンや現金キャッシュバックといった特典があるのが一般的です。

 

そのため、月額料金だけではなく特典面も含めて比較検討する必要があります。

 

光回線の特典比較

続いて、光回線の特典面を比較していきます。上記の比較表で取り上げた光回線のキャンペーン情報を記載していくので、光回線を選ぶ際の参考にしてください。

 

光回線のキャンペーン比較

 

光回線キャンペーン内容
ドコモ光ドコモ光新規工事料無料特典開通工事費が一括0円になる
dポイントプレゼント特典新規契約で最大10,000ptのdポイントがもらえる
ドコモ光セット割ドコモスマホの利用料金が最大1,100円割引
ソフトバンク光乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン新規契約で最大24,000円キャッシュバックまたは開通工事費が実質無料になるキャンペーン
あんしん乗り換えキャンペーン他社の違約金を、最大10万円を上限として全額還元
代理店キャッシュバックソフトバンク光の新規契約で25,000円キャッシュバック
おうち割 光セットソフトバンクスマホの利用料金が最大1,100円割引
おうち割 光セット(A)ワイモバイルの利用料金が最大1,188円割引
ビッグローブ光20,000円キャッシュバック現金20,000円CBがもらえるキャンペーン

※月額料金大幅割引とどちらか一方のみ選択可能

開通工事費割引開通工事費が実質0円になる
IPv6対応無線LANルーター6ヶ月間0円キャンペーンIPv6に対応の無線LANルーターのレンタル料金が6ヵ月無料になるキャンペーン
auスマートバリューauスマホの利用料金が最大1,100円割引
自宅セット割UQモバイルの利用料金が最大638円割引
光☆SIMセット割ビッグローブ光の利用料金が最大330円割引
ネットスマホ割格安SIMのdonedoneの利用料金が220円割引
OCN光
OCN光モバイル割OCNモバイルONEの利用料金が220円割引
auひかりauひかり乗り換えスタートサポート マンション他社の違約金を、最大3万円を上限として全額還元
auひかりマンション初期費用相当額割引開通工事費が実質0円になる
WEB・電話窓口限定 新規加入で50,000円キャッシュバックプロバイダを@TCOMで新規に申し込むと50,000円キャッシュバック
auスマートバリューauスマホの利用料金が最大1,100円割引
NURO光
NURO光お試し特典お試し特典で申し込みをして3ヶ月以内に解約する場合、契約解除料や工事費残債などが発生しなくなる

申し込んでから3ヶ月間は月額料金が500円、体験期間終了後から3ヶ月間は2,980円で利用可能。さらに開通工事費が実質0円

※他キャンペーンとの併用は不可

NURO光最大4.5万円キャッシュバックNURO光キャンペーン特設サイトからの申し込みで、もれなく45,000円キャッシュバック

さらに開通工事比嘉実質0円

※他キャンペーンとの併用は不可

※2021年12月現在のキャンペーン情報です。

 

ご覧の通り、光回線によってキャンペーンの内容は大きく異なります。また、ご利用中のスマホとのセット割が利用できる光回線も多いので、自分が使っている携帯キャリアに合わせて利用するのも選択の余地ありといえます。

 

とはいえ、できることなら手っ取り早く、マンションで安く使える光回線を知りたいですよね。そこで、次の項目から当サイトがおすすめする安くて快適に使える光回線についてご紹介していきます。

 

マンションで料金が安いおすすめの光回線は「ソフトバンク光」

マンションで料金が安いおすすめの光回線は「ソフトバンク光」です。当サイトがソフトバンク光をおすすめの理由は次のとおりです。

 

ソフトバンク光 お申し込みサイト | BBN
超高速光インターネット『SoftBank 光(ソフトバンク光)』なら月額3,080円~!さらに他社からの乗り換えなら他社の違約金等を満額還元+当サイトなら最大28,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!ソフトバンクユーザーならスマホとのセット割で毎月スマホの料金も割引に♪

 

ソフトバンク光がおすすめの理由

 

  • マンションで使う場合の月額料金は4,180円で、光回線の中で標準〜安い部類に入る
  • 開通工事費はキャンペーンで実質0円になる
  • 他社の違約金を最大10万円まで還元するキャンペーンがある
  • 高速接続が可能なIPv6接続が標準搭載
  • 当サイトから申し込みをすれば、他のどの光回線よりも高額なキャッシュバックを受け取れる

 

ソフトバンク光は、NTT東日本/西日本が日本全国に敷設する光ファイバーを利用して光回線を提供しています。NTTの光ファイバーは全国的に最も導入率が高いので、数多くのマンションで最初から回線設備が導入されていることから、すぐにソフトバンク光を使い始めることができます。

 

光回線を利用する上で「通信速度」は重要な指標といえますが、ソフトバンク光は高速接続が可能なIPv6接続に対応しているので、特別な手続きをすることなく快適な速度でインターネットが利用可能。

 

ソフトバンクやワイモバイルとのセット割が利用できるので、毎月のネット代+スマホ代をまとめて安くすることができます。

 

その他にも特典面が非常に充実しているので、仮にいま使っているインターネット回線の違約金が発生する場合でも、キャンペーンを活用することで事務手数料3,300円だけで乗り換えられることも魅力的なポイントです。

 

ソフトバンク光キャンペーン一覧 | 豪華特典を最短2週間還元
SoftBank 光(ソフトバンク光)の新規加入で最大28,000円キャッシュバックまたは新品パソコン・タブレット・人気ゲーム機などの豪華特典♪と選べるキャンペーン実施中!ソフトバンクの公式キャンペーンとも併用可能でダブルでお得。

 

ソフトバンク光の概要

 

月額料金4,180円
開通工事費26,400円

※キャンペーンで実質0円

契約期間2年間(自動更新あり)
解除料10,450円
回線速度最大1Gbps
対応エリアNTT東日本エリア:https://flets.com/app2/search_c.html

NTT西日本エリア:https://flets-w.com/area/

※2021年12月時点の金額です

 

マンションで開通工事ができない場合は「ソフトバンクエアー」がおすすめ

マンションに光回線の設備が導入されておらず、開通工事ができない場合の代案としては「ソフトバンクエアー」がおすすめです。

 

ソフトバンクエアー お申し込みサイト | BBN
コンセントにさすだけ!工事不要ですぐに使える無制限の自宅Wi-Fi『SoftBank Air(ソフトバンクエアー)』のお申し込みサイト。当サイトならキャッシュバックまたはパソコン・タブレット・最新ゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーン実施中♪工事をせずに自宅にWi-Fi環境を導入するなら!

 

ソフトバンクエアーは、コンセントに挿すだけで使える「ホームルーター」の内のひとつで、最短で申し込んだ日の翌日から使い始めることができます。

 

ソフトバンクエアーの申し込みでも現金キャッシュバックが受け取れ、さらにソフトバンクやワイモバイルとのセット割も利用可能です。

 

通信速度は光回線に及ばないものの、普通にWebサイトの閲覧やSNS、YouTubeなどで動画閲覧をする程度であれば、通信品質も全く問題ありません。

 

光回線の開通工事ができない・開通工事をしたくない人は、これを機にソフトバンクエアーを検討するのも一考の余地ありといえるでしょう。

 

ソフトバンクエアーキャンペーン一覧 最短2週間還元!
SoftBank Air(ソフトバンクエアー)新規加入キャンペーンのご案内。当サイトなら最大35,000円のキャッシュバックまたはパソコンやテレビにゲーム機などの豪華特典と選べるキャンペーンを実施中♪さらにソフトバンク公式キャンペーンと併用可能でダブルでお得!

 

ソフトバンクエアーの概要

 

月額料金初月〜24ヶ月目:4,180円

25ヶ月目以降:5,368円

開通工事費0円

※端末代金59,400円が必要(キャンペーンで実質0円)

※一括・12回・24回・36回払いから選択可能

契約期間なし
解除料なし
回線速度最大962Mbps

※住所別下り最大通信速度情報:https://www.softbank.jp/ybb/air/area-list/

対応エリアAXGP回線エリア:https://www.wirelesscity.jp/area/map/

※2021年12月時点の金額です

 

マンションで通信費をとことん安くしたいなら「ワイモバイル」の乗り換えも要検討

ソフトバンク光やソフトバンクエアーに申し込むに当たり、携帯キャリアを「ワイモバイル」に乗り換えると毎月の通信費を大幅に節約できるようになります。

 

ワイモバイルは、もともと独立した携帯キャリアでしたが、いまではソフトバンクのサブブランドとして「格安SIMと大手キャリアの中間」という立ち位置でサービスを提供しています。

 

自宅のインターネット回線をソフトバンク光にした上でワイモバイルに乗り換えれば、毎月のスマホ代を990円に抑えることも可能です。

 

ソフトバンク光を検討中の人は、この機会にぜひワイモバイルへの乗り換えもあわせてご検討ください。

 

 

(出典:ワイモバイル公式サイト)

 

ワイモバイルの概要

 

プランシンプルSシンプルMシンプルL
データ容量3GB15GB25GB
月額料金2,178円3,278円4,158円
セット割-1,188円
合計金額990円2,090円2,970円

※2021年12月時点の金額です

 

まとめ

以上、マンションで光回線を利用するための方法と、安くて快適に使えるおすすめの光回線についてご紹介しました。マンションで利用する光回線を選ぶ場合は、以下の手順に沿って選ぶことになります。

 

マンションで使う光回線の選び方

 

物件で光回線が利用できるかどうかを調べる

 

    • 物件情報で「光ファイバー」「高速インターネット」などの記載があれば使える
    • CATVはケーブルテレビ回線なのでNG
    • 何も書かれていない、上記以外の場合は光回線の設備が導入されていない可能性がある

 

 

光回線が利用可能な場合は申し込みができる光回線を調べる

 

    • 各光回線のエリア確認でチェックできる

 

申し込み可能な光回線が複数ある場合は月額料金が安いサービスを選ぶ

 

    • 特にNTT回線を利用する光コラボの場合はサービスによって月額料金が大幅に異なるので注意

 

また、光回線の種類は非常に多いですが、月額料金が安い・特典面の充実度の2点から「ソフトバンク光」がおすすめです。

 

ソフトバンク光の申し込みに合わせて、スマホのキャリアを「ワイモバイル」に乗り換えると、毎月の通信費を大幅に節約できるようになります。通信費を安くしたいと考えている人は、ぜひ本記事を参考にしていただければ幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました